タグ:Summicron 50/2 ( 128 ) タグの人気記事

写真展まだやってます。

 こんばんは。

さて、今年の写真展も残すところ一週間を切りました。まだの方はぜひ。「もう見たよ」という方々も、よろしければまたいらしてくださいね。ではでは。

追伸:ただし09/30(金)はラッキードラゴンえんさんは休日なのでご注意くださいね。
c0226955_2365384.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f5.6 1/125
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

by solalyn | 2016-09-26 02:44 | PROPOS | Comments(0)

スリット

 私たちの自己や世界は、物語を語るだけでなく、物語によってつくられる。そうした物語はとつぜん中断され、引き裂かれることがある。また、物語は、ときにそれ自体が破綻し、他の物語と葛藤し、矛盾をひきおこす。

 物語は、「絶対に外せない眼鏡」のようなもので、私たちはそうした物語から自由になり、自己や世界とそのままの姿で向き合うことはできない。しかし、それらが中断され、引き裂かれ、矛盾をきたすときに、物語の外側にある「なにか」が、かすかにこちらを覗き込んでいるのかもしれない。


― 岸政彦 『断片的なものの社会学』 より ―
c0226955_0245065.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

by solalyn | 2016-09-08 00:41 | WORDS | Comments(0)

大川べりを

 この上がりを見たとき、「猛スピードで母は」というタイトルの本を思い出した。

だれが書いた本なのか、どこで見かけたのか、読んだ本なのか、本屋で一瞥しただけなのか、そもそも本当に存在した本なのか。

でもまぁ、いいや。調べなくても。縁があればまたそのうちに。なければハイソレマデヨ。
c0226955_20505264.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

by solalyn | 2016-06-23 20:56 | PROPOS | Comments(0)

高貴な野良

 (略)若者が活力をもつためには、社会から馴致(じゅんち)されるな、ということである。古いことばでは、

「不羈(ふき。羈は手綱)」

という。手綱で制御されないという意味である。

ただし、この場合のむずかしさは、自分で自分の倫理を手製でつくらねばならないことである。しかも堅牢に、整然とである。でなければ、社会に負かされ、葬られる。

人間は大思想や社会によって馴致されて人間になるといいながら、じつは、古来、真に社会に活力を与え、前進させてきたのは、このような馴致されざるひとびとだった。


― 司馬遼太郎 『風塵抄 二』 所収 「飼いならし」 より ―
c0226955_16251622.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

by solalyn | 2016-04-16 17:13 | WORDS | Comments(0)

Fission or Fusion

イワタ君とトダさんをぶつけてみた。

うひょー。

たのしい四十代が待ってるなこりゃ。
c0226955_1191222.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

by solalyn | 2016-04-09 01:23 | PROPOS | Comments(0)

奔流

先日、表参道での仕事帰りで駅に向かっていると、交差点近くの瀟洒なショーウィンドーの前に犬を連れてたたずんでいる男性を見かけた。

彼は見たところ五十代くらいで、映画『シザーハンズ』でジョニー・デップが着ていた(この言い方はほんとうは正確ではない。あの映画での彼の役はアンドロイドだかなんだかで、あれが洋服だったのか、それとも洋服を模しただけの機械的装備品なのかは言及されていなかったから)ような黒っぽい、質感がラバーのような不思議な上着を着ていた。髪型もどうやら最新流行のものらしくみえた。もしまだこの世界に「最新流行」なんてものが存続しているのならば、だが。

連れていた犬も洋犬だが、ピレネーでもドーベルマンでもマスチフでもボルゾイでもない、大型犬ということくらいしかわからない不思議な犬だった。

その未来人のような男と犬を見ていて、ふとこう訊ねたくなった。

「えーと、あなたは、ほんとうに、そんな暮らしを望んでいるのですか?この先には、なにを望んでいるのですか?あなたの行き先は、どこなんですか?」


そこまで考えて、自分もその質問には答えられないことに気が付いたので、黙ったままその場を去った。
c0226955_1231776.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f5.6 1/250
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

by solalyn | 2016-02-16 02:47 | PROPOS | Comments(0)

Fields of gold

そうっと、そうっと。

邪魔にならないように。

写真を撮ったら、サヨウナラ。
c0226955_010312.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

by solalyn | 2016-02-08 01:30 | PROPOS | Comments(0)

エニシの話

 最近、近所の人がおもしろい。特定の誰か、というわけではなくて、すごく狭いエリアなのにその中に世界がまるごとあるような感じというか。

加藤清正の股肱の臣は、彼が少年の頃、悪童仲間だったものたちだったという。今までは、

(そんな近所にいるものかね)

などと思っていたが、案外そういうことはあるものかもしれないなぁ、と思い始めている。
c0226955_19392363.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f2 1/15
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

by solalyn | 2015-12-03 19:50 | PROPOS | Comments(0)

グレートジャーニー

 よくさー、「最近のお笑いはひな壇芸人に頼ってばかりだ。低俗だ」ってゆーじゃん?

でもさ、たぶんきっとさ、そういうのって、「シャボン玉ホリデー」とか、「全員集合」とか「ひょうきん族」とかの頃だっていわれてたわけでさ。

もっというなら、たぶん、陸に上がろうとしてた頃の肺魚とか、アフリカを出ようとする類人猿とか、渡来したての頃の仏教とか、運慶の仏像とか、安土城とか歌舞伎とかもそう言われてたんだろうな、ってね。

・・・え、なにが言いたいのか、って?

「酔っ払うと気持ちいいね」ってこと。
c0226955_23383295.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f2.8 1/30
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

by solalyn | 2015-11-25 23:50 | PROPOS | Comments(0)

あなたがわたしにくれたもの

最近、近所のバーのマスターから聞いた話。


自分が小学校高学年の頃、妹と親戚のおじさんの家に遊びに行ったんですよ。そんでおじさんのベッドルームでふざけてたら、ベッドの下から女のひとの裸の本が出てきたんで、自分はまだ思春期じゃなかったんですけど、なんか本能的に、

(あ、これはそっとしておかなきゃいかんことだ)

と思ったんですけど、まだちっさかった妹は、自分が止める間もなくおじさんに「これなーにおじちゃん!」って聞いちゃったんですよ。そしたらおじさん、だいぶ困ったんでしょうね。こういったんですよ。

「それはね、おじさんの、だいっじな、下敷き」


でも、今にして思えば、あれ、宮沢りえの『サンタフェ』だったんですよね。表紙硬かったし。
c0226955_11425083.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f2.8 1/30
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

by solalyn | 2015-10-09 11:55 | PROPOS | Comments(0)