人気ブログランキング |

タグ:Foma Fomapan 400 ( 13 ) タグの人気記事

アルとナイについて

 個人的な見解だが、

「ひとは『手に入ったもの』より『手に入らなかった(あるいは失われた)もの』の方を、いつまでも鮮明に憶えている」

と思う。たとえば僕の場合を思いつくままに列挙してみる。


○幼稚園の頃、近くの空き地で失くしたコン・バトラーVの超合金(変形・合体しない廉価版のほう)

○高校時代、クラスメートのバンド野郎フジモト君に貸してそれっきりになってしまったウッドストックのライブCD(二枚組)

○十年前、御徒町の秀光というカメラ屋さんで見つけて、さんざ迷った末に買わなかったライカM4ブラックペイント¥90,000(税抜)

○大学生の頃、中古車雑誌で見つけた三河の中古車屋が売り出していた’72年式ダッジ・チャレンジャーRT¥1,200,000(消費税があったかどうか失念)

○実家が建て替わって、気付いたらなくなっていたワニの豆本何冊か(30代以下の方はご存じないと思う。80年代に一世を風靡した、ワニブックスから出版されていた、普通の文庫本よりもさらにちいさな文庫のシリーズです)


などなど。時間さえあればまだまだいくらでも出てくる気がする。おそらく多かれ少なかれ、誰にでもこういったものがあるんじゃないだろうか。そうしてこういったことをつらつら考えるうちにふと思った。それらと同じころに『手に入れたり、なくさなかったもの』のことは、ほとんど忘れてしまっていることを。そして気付いた。


…あれ、どちらがほんとうに『手に入れた』ことになるんだ?
アルとナイについて_c0226955_01465765.jpg
DATA: Minolta CLE Ultron 2/28 Foma Fomapan400 f11 AE

by solalyn | 2020-08-02 02:21 | PROPOS | Comments(0)

熊を放ったその後で

前回のブログを書いた二日後に、いつものように秘密基地に置かせてもらっていたオートバイが倉庫火災で燃えた。二十歳のときに十年落ちの中古車を買って以来二十数年。学生時代。役者を目指したフリーター時代。就職。最初の結婚。離婚。二度目の結婚。いつも一緒だった。ちいさかった息子を保育園や学童保育に送り迎えしていたときは、彼をフューエルタンクの上に乗せて膝で挟んで走った。米袋もシートに積んで、その上に座って走った。どんなに貧乏なときでもどうしても手放せなかったオートバイ。そのオートバイが燃えた。というか燃え尽きていた。

ガソリンに引火して爆発したらしく、二倍に膨らんだフューエルタンク。燃えて収縮して黒いゴーヤーのようになったリアタイヤ。

(あー、終わったんだな)

真っ黒に煤けた骸のような車体を見て、そう思った。でも、後日エンジンに圧縮があることに気付いて直そうと思った。そうすると、元バイク屋の友人が修理の手伝いを買って出てくれたり、会ったことのないオートバイ仲間が部品を送ってくれたり、秘密基地の司令(ぼくのオートバイ整備の師匠だ)があきれ顔で、でもうれしそうに「手伝うよ」と言ってくれた。

夜、自分の幸運をかみしめていると、数年前に自裁した学生時代の親友の言葉を思い出した。まだ学生の頃、どこかの酒場(おそらく豊橋駅前か、名古屋駅前だ)で飲んでいたときだ。

「オーハシ、そのうち隠居したら一緒に古い単車ばっかりいじって暮らそうな。な、オーハシ」

これは、あのときのあんたの夢だわ。あんたおらんけどな。死んどるけどな。俺は相変わらずゼウスに愛されとるみたいだわ。憎らしいやろ?

でも、ここにあんたもいればなぁ。

熊を放ったその後で_c0226955_23320988.jpg


DATA:Leica M6 Ultron 2/28 Foma Fomapan400 f11 AE
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





by solalyn | 2020-05-09 00:27 | PROPOS | Comments(0)

早春賦

春は名のみの風の寒さや

いつ頃からなんだろう。この季節になると、いつも心の中で歌っている。理由はわからない。ただただうつくしい歌だなあと思う。
早春賦_c0226955_01431400.jpg


DATA:Minolta CLE Ultron 2/28 Foma Fomapan400 f8 AE
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





by solalyn | 2020-03-09 01:50 | PROPOS | Comments(0)

ちょっとそこまで

最近気づいたことふたつ。

ひとつめ。長い間、「用事の合間の人生だ」と思っていたがちがった。ほんとうのところ、「用事は『人生そのもの』」なのだった。

ふたつめ。ソール・ライターの『ソール』は、魂の"Soul"でも焼き肉の"Seoul"でもなく、旧約聖書に出てくるイスラエル最初の王であるサウル王の"Saul"だ。
ちょっとそこまで_c0226955_20063875.jpg


DATA:Minolta α sweet Ⅱ Minolta AF 2/28 Foma Fomapan400 f2 AE
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





by solalyn | 2020-02-17 20:19 | PROPOS | Comments(0)

バッチバチにあけてますけど

おめでとうございます。

…いやね、忘れてるわけじゃないんですよ?ただ、サボっちゃうだけで。だってインスタのほうがかんたn

今年もよろしくお願いします。
バッチバチにあけてますけど_c0226955_01490276.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f11 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





by solalyn | 2020-01-09 01:54 | PROPOS | Comments(0)

Quem di Diligunt Juvenis Moritur

よぉ、ひさしぶり。

そっちでは愉快にやってんのか?まぁ、おまえのことだから、どこでもきっとうまいことやっていけるんだろうと思うけどな。今ならダンキンドーナツだってピザだって、いくらだって食い放題だ。よかったな、夢が叶って。

こっち?こっちか。こっちは、まぁ、相変わらずだな。相変わらずだ。みんなそれなりにやってる。

あれから、おまえが言ってたこととか、思い出すよ。結婚式でダンスを踊ってたところとか。おまえが好きだって言ってた『バグダッド・カフェ』のこととかも。

おまえがよく、安っぽい商業主義で塗り固められたものたちに純粋に感動してるのを、あの頃おれはよくからかってたよな。そんな時おまえはおれのことを、「キリスト教の福音に耳を傾けない、異教徒である頑迷な10世紀頃のフィンランド人を憐れむ宣教師」のような目で苦笑したり、怒ったりしてたよな。

おまえが最期のときに、"I love you"って言ったって聞いて、おれは気付いた。おまえの安っぽさは黄金でできた安っぽさだったんだ、って。おまえは生きてるみんなを最期に祝福してくれたんだな。

ありがとな、おれたちのマリア様。

まぁ、でもそれはそれ、これはこれだ。おれは改宗せずに異教徒として生きるつもりだ。そしたら再会したときに、この年老いたフィンランド人を眺めて、またあの目つきで笑ってくれるんだろう?
Quem di Diligunt Juvenis Moritur_c0226955_01321412.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f5.6 1/125
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





by solalyn | 2019-08-14 02:28 | PROPOS | Comments(0)

ちがうちがうそうじゃ、そうじゃない。璧(へき)は壁(かべ)じゃない。

『完璧な構図』などというものは存在しない。たんに世界がもともと完璧なだけだ。


ちがうちがうそうじゃ、そうじゃない。璧(へき)は壁(かべ)じゃない。_c0226955_18171104.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f11 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





by solalyn | 2019-03-19 18:27 | PROPOS | Comments(0)

「目は口程に物を言う」はガチ

先日、久しぶりの友人に会った。なかなかに久しぶりだったのでなんか照れくさかったのだが、彼を見ると、彼の目も同じことを語っていておもしろかったし、なんだか安心した。
「目は口程に物を言う」はガチ_c0226955_19093977.jpg


DATA:Nikon F2 Nikkor 2/35 f5.6 1/250 Foma Fomapan400
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





by solalyn | 2019-03-13 19:46 | PROPOS | Comments(0)

メタンハイドレートは有用らしいが

さっき、おもしろいアナグラムみたいなやつを思いついたんだけど、今になって書き出そうとしてみると跡形もない。はかないものである。

いやちょっとカッコつけたな。どちらかというとメタンガスみたいなものだな。
メタンハイドレートは有用らしいが_c0226955_22502588.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f8 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





by solalyn | 2019-02-28 23:02 | PROPOS | Comments(0)

「受け答えのゆるさは加齢により高まっていく」という真理

昨日のこと。撮影が終わり、帰りの電車に乗り込んだら、おじさんとおじいさんの中間くらいの年齢の男性三人が扉付近にいた。奥に行こうと会釈して通り過ぎようとすると、ぼくの提げたカメラを見た一人が、「お、ライツミノルタ!」と言ったので、ぼくも「お!お詳しいですねえ。正解!」と言いながら奥へ行った。
「受け答えのゆるさは加齢により高まっていく」という真理_c0226955_18382923.jpg


DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 2/40 Foma Fomapan 400 f11 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





by solalyn | 2019-02-17 18:50 | Comments(0)