日盛り

 ご無沙汰しておりました。

お元気でしたか?ぼくは、まあまあです。

最近読了したスタインベックの短編「逃走」が、ほんの少しだけ片岡義男の「ボビーに首ったけ」を想起させた。

さっき、そうインスタグラムに投稿したのだけれども、正確にいうと、重大なちがいがあるな、と思った。

それは、前者は「若者が、『大人になってから』死ぬ」話であるのに対して、後者は「若者が、『若さの日盛りのその極点において』死ぬ」話だからなのだと思い至ったから。
c0226955_1949892.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak Tri-X 400 f11 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
# by solalyn | 2016-11-14 20:02 | PROPOS | Comments(0)

写真展まだやってます。

 こんばんは。

さて、今年の写真展も残すところ一週間を切りました。まだの方はぜひ。「もう見たよ」という方々も、よろしければまたいらしてくださいね。ではでは。

追伸:ただし09/30(金)はラッキードラゴンえんさんは休日なのでご注意くださいね。
c0226955_2365384.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f5.6 1/125
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
# by solalyn | 2016-09-26 02:44 | PROPOS | Comments(0)

スリット

 私たちの自己や世界は、物語を語るだけでなく、物語によってつくられる。そうした物語はとつぜん中断され、引き裂かれることがある。また、物語は、ときにそれ自体が破綻し、他の物語と葛藤し、矛盾をひきおこす。

 物語は、「絶対に外せない眼鏡」のようなもので、私たちはそうした物語から自由になり、自己や世界とそのままの姿で向き合うことはできない。しかし、それらが中断され、引き裂かれ、矛盾をきたすときに、物語の外側にある「なにか」が、かすかにこちらを覗き込んでいるのかもしれない。


― 岸政彦 『断片的なものの社会学』 より ―
c0226955_0245065.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
# by solalyn | 2016-09-08 00:41 | WORDS | Comments(0)

ってね。

 唐突ですが、ぼくは中島みゆきなら、「蕎麦屋」という曲が好きです。
c0226955_22352250.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
# by solalyn | 2016-07-11 22:39 | PROPOS | Comments(5)

とどまれ。

 時々は、ありきたりなことばが、愛の言葉だったりすることもある。

「風邪、ひかないでくださいね」

「また会いましょうね」


なんてうつくしいんだろう。
c0226955_1135191.jpg

DATA:Olympus OM-1 M-Zuiko 35/2.8 Fuji Presto 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
# by solalyn | 2016-07-03 01:20 | PROPOS | Comments(0)

大川べりを

 この上がりを見たとき、「猛スピードで母は」というタイトルの本を思い出した。

だれが書いた本なのか、どこで見かけたのか、読んだ本なのか、本屋で一瞥しただけなのか、そもそも本当に存在した本なのか。

でもまぁ、いいや。調べなくても。縁があればまたそのうちに。なければハイソレマデヨ。
c0226955_20505264.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
# by solalyn | 2016-06-23 20:56 | PROPOS | Comments(0)

"If you build it, he will come."

 いつも古くさいフィルムカメラをぶら下げているので、ときどき人に尋ねられることがある。

「なにを撮るんですか?」

そういうとき、答えに窮していったん口ごもってしまう。そして、結局はいいかげんに答えてしまうことが多い。

いやー、なんかまあこう、街をふらふらと。用事の合間にですね、云々。云々。

でもほんとうは、なにを撮るかはものすごくはっきりしているのだ。ただ、「それ」には名前がなく、いつ訪れるかもわかっていないだけで。
c0226955_2323020.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak Tri-X 400 f5.6 1/250
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
# by solalyn | 2016-06-09 23:13 | PROPOS | Comments(0)

光画

 80年前のレンズを通したひかりを、期限切れのプレスト400に焼き付ける。

いやはや。
c0226955_2143918.jpg

DATA:Contax Ⅱ Sonnar 5c.m./1.5 Fuji Neopan 400 Presto f8 1/250
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
# by solalyn | 2016-05-31 02:23 | PROPOS | Comments(0)

ガブル。ガブル。

 使い始めて数年が経過したぼくのコンタクトレンズは、ここのところ装着してもずっと調子が悪かった。

(あー、劣化していくんだな、すべては)

などとP.K.ディック的な感傷に浸っていたある日、ふと思いついて左右を逆にはめてみた。


ただ逆にはめていただけだった。

c0226955_1932237.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
# by solalyn | 2016-05-24 19:38 | PROPOS | Comments(0)

よすが

 そう遠くない未来の話、私がこの地上と分かれる日が来て、私の好きなシーンや形、たとえば暮れなずむ隅田川、青いウィーンの森、配偶者とのウィットに満ちた会話、首をのけぞらせて笑うガールフレンドの仕草など、こまごました地上の記憶と別れなくてはならなくなった時、私がカメラで記憶にとどめておきたいのは、ライカM型の両側がカーブした、あの丸みである。


― 田中長徳 『チョートクのカメラジャーナル No.3』 所収 「ライカ 今は仕事の道具 そして将来は地上の思い出?」 より ―
c0226955_191612.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak Tri-X 400 f2.8 1/30
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
# by solalyn | 2016-05-07 01:20 | WORDS | Comments(0)