2013年 07月 24日 ( 1 )

さあ、

「もしも、追ってきたら?」と、バケツ氏が初めて口を開く。

「もしも、捕まったら?」と、バケツ夫人。

「もしも、撃たれたら?」と、ジョージナばあちゃん。

「もしも、私のひげが緑色のホウレン草なら?」と、ワンカ氏が声はりあげた。「口から出まかせはけっこう!そんなふうに、もしも、もしも、ばかり言っていては、どうもなりはしませんぞ。コロンブスはアメリカを発見したでしょうかな、『もしも途中で船が沈没したら?もしも海賊に出くわしたら?もしも帰ってこられなかったら?』などと言っていたら、出航すらしなかったでしょう!もしも、もしもは、願い下げです、ねえ、チャーリー君?さあ、行きますぞ!(略)」


― ロアルド・ダール:著 柳瀬尚紀:訳 『ガラスの大エレベーター』より ―
c0226955_21543255.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kentmere 400 f3.5 1/60
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2013-07-24 22:11 | WORDS | Comments(0)