人気ブログランキング |
<< 「目は口程に物を言う」はガチ シナプスを追い越す >>

凡庸じゃない『悪』について

最近、立て続けに『ヒトラー最期の十二日間』と『帰ってきたヒトラー』という映画を観た。

自分が1920~30年代を生きるドイツ人青年だったらと仮定すると、なかなかな気分に浸れた。
c0226955_01513748.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f11 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





by solalyn | 2019-03-09 02:16 | PROPOS | Comments(2)
Commented by nikon_leica at 2019-03-10 12:06
人物が黒く潰れ過ぎず、銀塩ならではのラチュードの広さが良いですね。M6は昔使用していましたので、懐かしいです。
Commented by solalyn at 2019-03-10 19:40
nikon_leicaさん
はじめまして。コメントありがとうございます。そうですね、ラチチュードの広さは銀塩の美点ですよね。M6をお使いになられていたんですね。使いやすくていいカメラですよね。
<< 「目は口程に物を言う」はガチ シナプスを追い越す >>