<< ジオラマ Rhythm >>

On the Road

京の道は、ぬかるまない。

「これは田舎道とはちがうなあ」

と、平太郎は烏丸通を北上しながら首をふり、妙なことで感心した。これだけの雨だとふつう一歩一歩足首まで泥で埋まるのだ、と平太郎はいう。それどころか、泥の跳ねが背中までかかるはずなのだが、この大路はどうだ、雨水が路面をぬらすだけで両側の溝へ流れている。・・・・・・

「良庵さん」

と、平太郎はふと発見したように、勢いこんだ。

「このわけはな、千何百年ものあいだ、人間が歩いて踏みかためてきたからこうなっている」

(なるほど、そういうものか)

蔵六は、この町人の友人に感心した。

平太郎は沖の漁師のような大声を出した。笠をたたく雨がさわがしくて、つい叫んでしまうのである。

「良庵さん、あんたもその一人だ」

と、いった。蔵六など道を固めているだけの存在だ、というのである。この都に入ってきたのは、木曽義仲もいる、現九郎義経もいる、頼朝もいれば信長、秀吉もいる、すべて無数の-のべ何億、何兆ともしれない-庶民と同様、この道を歩いて足の裏で固めて、それだけで消えただけだ、と平太郎はいうのである。

「あんたも木曽義仲だ。というより木曽義仲の雑兵だ」

蔵六はだまって歩いている。


-司馬遼太郎 『花神』より-
c0226955_293298.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor 40/2 Kodak BW400CN f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2011-04-16 02:36 | WORDS | Comments(0)
<< ジオラマ Rhythm >>