<< 第三の男(バディ)-あるいは真... 長いKISSの途中で >>

今さら超芸術トマソン

こんばんは。きのう近所を散策していた折にこんなところを通りかかりました。

c0226955_2114571.jpg


よくみるとなんだか不思議なものたちが。

c0226955_2116848.jpg


その1:なんなんでしょうか。中からなにか生えています。色も気になる。次。

c0226955_21172663.jpg


その2:これも中から鉄骨状のモノが生えていますね。ちいさいのにがっちり。一寸法師的な。

c0226955_21201998.jpg


その3:なぜだ。なぜ束ねてあるんだ。しかもワイヤーで。うーむ・・・。


共通しているのは、どれも必要以上に丁寧、というか執拗な造作だ、ということ。しかしはたしてこれ、トマソンなんでしょうか。


ま、気持ちが大事だと言うことでどうかひとつ。ではでは。



採集地:錦糸町

DATA:Pentax K100D SMC Pentax-A Macro 50/2.8 ISO400 Program auto -1/3EV
[PR]
by solalyn | 2010-04-28 21:31 | PROPOS | Comments(4)
Commented by Zorki-4u at 2010-04-28 22:46
Solalynサン、こんばんは。3つとも何に役立つかまったくわかりません。トマソン認定じゃないでしょうか。
Commented by solalyn at 2010-04-29 18:40
Zorki-4uさん江

こんにちは。ですよね。ありがとうございます。

あ、リンクもありがとうございます。ぼくもいただきました^^
Commented by h at 2010-04-29 21:14 x
たぶんキップルだと思うよw
エントロピーを糧に生えてくるの。
Commented by solalyn at 2010-04-29 22:42
h兄貴江

ごぶさたです。「キップル」調べましたよ。アンドロ羊由来だったとは。

それにしても高密度な場(フィールド)でしたよ。今、一枚目の全景写真を見返したら、みっつどころじゃないですもんw
<< 第三の男(バディ)-あるいは真... 長いKISSの途中で >>