人気ブログランキング |

祝・ニコンD1成人式

この画質。二十年前のニコンの本気を感じる。液晶カバーもこの初代D1のみ黒。

「撮影中に液晶なんか見ないでしょ?プロなんだから」と、半笑いで日本光学が煽ってくる。

よっしゃ、その喧嘩買った。
c0226955_18184934.jpg


DATA:Nikon D1(1999)Ai Nikkor 2/35 f5.6 AE ISO200
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





# by solalyn | 2019-08-21 18:29 | PROPOS | Comments(0)

Quem di Diligunt Juvenis Moritur

よぉ、ひさしぶり。

そっちでは愉快にやってんのか?まぁ、おまえのことだから、どこでもきっとうまいことやっていけるんだろうと思うけどな。今ならダンキンドーナツだってピザだって、いくらだって食い放題だ。よかったな、夢が叶って。

こっち?こっちか。こっちは、まぁ、相変わらずだな。相変わらずだ。みんなそれなりにやってる。

あれから、おまえが言ってたこととか、思い出すよ。結婚式でダンスを踊ってたところとか。おまえが好きだって言ってた『バグダッド・カフェ』のこととかも。

おまえがよく、安っぽい商業主義で塗り固められたものたちに純粋に感動してるのを、あの頃おれはよくからかってたよな。そんな時おまえはおれのことを、「キリスト教の福音に耳を傾けない、異教徒である頑迷な10世紀頃のフィンランド人を憐れむ宣教師」のような目で苦笑したり、怒ったりしてたよな。

おまえが最期のときに、"I love you"って言ったって聞いて、おれは気付いた。おまえの安っぽさは黄金でできた安っぽさだったんだ、って。おまえは生きてるみんなを最期に祝福してくれたんだな。

ありがとな、おれたちのマリア様。

まぁ、でもそれはそれ、これはこれだ。おれは改宗せずに異教徒として生きるつもりだ。そしたら再会したときに、この年老いたフィンランド人を眺めて、またあの目つきで笑ってくれるんだろう?
c0226955_01321412.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f5.6 1/125
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





# by solalyn | 2019-08-14 02:28 | PROPOS | Comments(0)

ちがうちがうそうじゃ、そうじゃない。璧(へき)は壁(かべ)じゃない。

『完璧な構図』などというものは存在しない。たんに世界がもともと完璧なだけだ。


c0226955_18171104.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f11 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





# by solalyn | 2019-03-19 18:27 | PROPOS | Comments(0)

砂に書いたラブレター

『ヨハネによる福音書』の中にあるイエス屈指の名セリフである、「あなたたちの中で罪を犯したことのない人からこの女に石を投げたらいい」。このセリフを周囲の悪意あるインテリに促されて渋々言ったとき、彼は指で地面になにごとかをずっと書き続けていたという。

「(おまえらどうせ俺をディスる口実さがしてるだけだろ。)バーカバーカ」

とかだったらいいなぁ、などと考えた。


c0226955_18235754.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f11 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





# by solalyn | 2019-03-15 18:41 | PROPOS | Comments(0)

「目は口程に物を言う」はガチ

先日、久しぶりの友人に会った。なかなかに久しぶりだったのでなんか照れくさかったのだが、彼を見ると、彼の目も同じことを語っていておもしろかったし、なんだか安心した。
c0226955_19093977.jpg


DATA:Nikon F2 Nikkor 2/35 f5.6 1/250 Foma Fomapan400
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





# by solalyn | 2019-03-13 19:46 | PROPOS | Comments(0)

凡庸じゃない『悪』について

最近、立て続けに『ヒトラー最期の十二日間』と『帰ってきたヒトラー』という映画を観た。

自分が1920~30年代を生きるドイツ人青年だったらと仮定すると、なかなかな気分に浸れた。
c0226955_01513748.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f11 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





# by solalyn | 2019-03-09 02:16 | PROPOS | Comments(2)

シナプスを追い越す

うろ覚えだが、ホメロスの『イリアス』の中にたしかこんなたとえが出てきた。

「その槍は人の心の動きより速く放たれた」

プンクトゥム。間、髮を入れず。雨滴の離れ。その速さを、いつか、どうにかして追い越したいな、と思う。古くさい金属とガラスの塊を操って。
c0226955_01233607.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f11 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





# by solalyn | 2019-03-08 01:37 | PROPOS | Comments(0)

シズカナコハンノモリノカゲカラ シズカナコハンノモリノカゲカラ

こどもの頃、「もう来ちゃいかがとカ(ッ)コウが鳴く」というフレーズを聞いて、「『モウキ茶』というなぞの銘柄のお茶を振る舞おうとしている『カコ』というやつ」の歌だと思っていた。
c0226955_23210701.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f11 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





# by solalyn | 2019-03-03 23:31 | PROPOS | Comments(0)

メタンハイドレートは有用らしいが

さっき、おもしろいアナグラムみたいなやつを思いついたんだけど、今になって書き出そうとしてみると跡形もない。はかないものである。

いやちょっとカッコつけたな。どちらかというとメタンガスみたいなものだな。
c0226955_22502588.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 2/50 Foma Fomapan400 f8 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





# by solalyn | 2019-02-28 23:02 | PROPOS | Comments(0)

「受け答えのゆるさは加齢により高まっていく」という真理

昨日のこと。撮影が終わり、帰りの電車に乗り込んだら、おじさんとおじいさんの中間くらいの年齢の男性三人が扉付近にいた。奥に行こうと会釈して通り過ぎようとすると、ぼくの提げたカメラを見た一人が、「お、ライツミノルタ!」と言ったので、ぼくも「お!お詳しいですねえ。正解!」と言いながら奥へ行った。
c0226955_18382923.jpg


DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 2/40 Foma Fomapan 400 f11 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ





# by solalyn | 2019-02-17 18:50 | Comments(0)