タグ:Kodak Tri-X 400 ( 24 ) タグの人気記事

テクテク パチパチ

 先日、十五年来の写真の盟友とふた月ぶりに(いつもの、あの懐かしい三十代の日々に、われらが根城だった)サイゼリヤで話をした。そのときの彼の言葉。

「たくちゃん、写真はね、眼の延長でも手の延長でもありませんよ。足の延長なんですよ。足がぼくのまわりの景色をスクロールさせていってくれるんですよ。そうやって流れていく景色を、ぼくはただ撮るだけでいいんですよ」
c0226955_01403998.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f5.6 1/250
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2017-02-27 01:53 | PROPOS | Comments(0)

女学生は死なず

 父方の大叔母であるクニヨは、「薩摩生まれのお転婆女学生が、そのまま年をとった」という女である。ころころとした容貌に相応しく、陽気でよく笑い、にぎやかなことがだいすきだった。

数年ぶりに会った彼女は、骨と皮だけにやせ細っていて、病室に入ったときには本人かどうかわからないほどだった。

でも、ベッドに近寄って目を見るとすぐにわかった。ああ、そうだ。この目だ。いたずらっぽく、きらきらしている目。

その日、孫やひ孫に囲まれた彼女は

「まあ、こんなに若い男に囲まれてしあわせだこと」

と言った。そういいながらも、しばらくするときっぱりこう言ったのだ。

「あなたたちはこんなところにいてはだめ。外で遊んでらっしゃい」

その台詞は、ぼくもちいさい頃彼女からよくいわれたものだった。

帰り際にぼくは、「クニヨ、遺影を撮るからポーズして」とせがんだ。彼女はちょっと笑い、親指がするするとあがってきて


カチ 
c0226955_03002200.jpg
DATA:Leica M6 Summicron 50/2
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2017-02-01 03:07 | PROPOS | Comments(0)

Love to Thanatos

 先日、四年半ぶりに死神がやってきた。

今回はニヤニヤ笑うだけで帰っていった。ひらひらと手を振りながら遠ざかっていったその後ろ姿は、どこか自裁した友人に似ていたことに、数日後に気が付いた。
c0226955_12492593.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2017-01-16 13:36 | PROPOS | Comments(0)

最後の挨拶2016

 昨日、街ですれちがった自転車に乗った母子の会話。


母「どの道がいい?」

子「坂のない道がいい!」

母「どの道にも坂はあるの!」


今年もお付き合いいただき、ありがとうございました。みなさまもどうぞよいお年を。また生き延びて来年お会いしましょう。ではでは。
c0226955_17502613.jpg

DATA:Minolta CLE M-Rokkor 28/2.8 Kodak Tri-X 400 f5.6 AE
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2016-12-31 18:02 | PROPOS | Comments(0)

彼方此方

 あるとき、偶々同じ時間に同じ場所にいた二人の男。

なんということもない、その風景が、人知れず永遠に定着される。

写真は不思議だ。

c0226955_20274525.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f4 1/125
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2016-12-16 20:39 | PROPOS | Comments(0)

力点(パワーポイント)を越えて

こどもは、隙あらばわけもなく駆け出す。

大人は、目的がなければ走らない。

ちいさい彼らを見ていると、この目的だらけの世の中を、ほんの一瞬だけ忘れられて、いい気持になる。
c0226955_18435989.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2016-12-05 18:50 | PROPOS | Comments(0)

A tribute song

 四年前、「自裁した友人からの形見分けの品」という設定を勝手に作り、普通にフジヤカメラで買ったカメラで撮影。

使い勝手がよく、まぁまぁ気に入っている。
c0226955_1182046.jpg

DATA:Minolta CLE M-Rokkor 28/2.8 Kodak Tri-X 400 f5.6 1/250
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2016-11-30 01:24 | PROPOS | Comments(0)

ギフト

 昔の言い方で、病気になることを「病を得る」という。

そう考えると、病人というのは、半ば神様みたいなものなのかもしれない。
c0226955_0253152.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2016-11-29 00:31 | PROPOS | Comments(0)

大川べりを

 この上がりを見たとき、「猛スピードで母は」というタイトルの本を思い出した。

だれが書いた本なのか、どこで見かけたのか、読んだ本なのか、本屋で一瞥しただけなのか、そもそも本当に存在した本なのか。

でもまぁ、いいや。調べなくても。縁があればまたそのうちに。なければハイソレマデヨ。
c0226955_20505264.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2016-06-23 20:56 | PROPOS | Comments(0)

奔流

先日、表参道での仕事帰りで駅に向かっていると、交差点近くの瀟洒なショーウィンドーの前に犬を連れてたたずんでいる男性を見かけた。

彼は見たところ五十代くらいで、映画『シザーハンズ』でジョニー・デップが着ていた(この言い方はほんとうは正確ではない。あの映画での彼の役はアンドロイドだかなんだかで、あれが洋服だったのか、それとも洋服を模しただけの機械的装備品なのかは言及されていなかったから)ような黒っぽい、質感がラバーのような不思議な上着を着ていた。髪型もどうやら最新流行のものらしくみえた。もしまだこの世界に「最新流行」なんてものが存続しているのならば、だが。

連れていた犬も洋犬だが、ピレネーでもドーベルマンでもマスチフでもボルゾイでもない、大型犬ということくらいしかわからない不思議な犬だった。

その未来人のような男と犬を見ていて、ふとこう訊ねたくなった。

「えーと、あなたは、ほんとうに、そんな暮らしを望んでいるのですか?この先には、なにを望んでいるのですか?あなたの行き先は、どこなんですか?」


そこまで考えて、自分もその質問には答えられないことに気が付いたので、黙ったままその場を去った。
c0226955_1231776.jpg

DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak Tri-X 400 f5.6 1/250
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2016-02-16 02:47 | PROPOS | Comments(0)