タグ:Contax Ⅱ ( 5 ) タグの人気記事

光画

 80年前のレンズを通したひかりを、期限切れのプレスト400に焼き付ける。

いやはや。
c0226955_2143918.jpg

DATA:Contax Ⅱ Sonnar 5c.m./1.5 Fuji Neopan 400 Presto f8 1/250
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2016-05-31 02:23 | PROPOS | Comments(0)

ピエールのこと

まず最初に断っておくが、ピエールは変態で、日本人だ。

でも、この言い方はフェアじゃない。ピエールから見たら、ぼくのほうがよほど変態に見えただろう、と思う。なにしろその土曜日は近所のバーの年に一度の「セーラー服ナイト(第二回)」の日で、ぼくは前日にアマゾンで購入した、ビニールレザーでできた、体にぴったりとフィットするセーラー服を着て脚には網タイツを穿き、黒いロングブーツに亜麻色のセミロングのウィッグまで着けていたのだから。四十過ぎた中年男が、である。

まあとにかくそんなところでぼくらは初めて出会った。ぼくのピエールへの第一印象は最悪だった。あたりかまわず写真を撮りまくり、大声で笑う。

(なんて野郎だ。俺はぜったいに口を利くまい)

ビニールレザー(パット入り)に包まれた胸のうちで、ぼくはカウンターで固くそう決意した。

だがそのあと、みんなでフレンドリーに行こうぜ!という感じの知人(みなさんの周りにもかならずいらっしゃるはずだ。もしもご自分がそうだとおっしゃる方がいらっしゃるのなら、ご無礼、ご無礼)に拉致され、テーブル席に移動した。はじめはお互い離れていたのだが、まあああいう席では並び順なんてどんどんシャッフルされていくもので、何かの拍子にぼくと彼はテーブルを挟んで向かい合う形になった。

彼が写真展(その近所のバーはギャラリーもやっているのだ)の作家さんに話しかけているのを、聞くとはなしに聞いていた。

作家さんのプリントを買った?へえ、結構ですな。


そのあとだった。彼は続けてロバート・メイプルソープのプリントも今日買ってきたのだ、と大声で言った後で、壁面を飾る作家さんの作品の一点をまっすぐ指さしながら、たしかこう言ったのだ。

「ぼくにとっては、メイプルソープも、○○さんのプリントも同じ価値です。どちらも本物で、うつくしい」

そのことばに驚いて彼の顔を見ると、今までとまったくちがう目をしていた。熱情で、輝いていた。


ああ、見つけた。本物の人間だ、こいつは。


そう思ったぼくはすぐに彼となかよくなり、ふざけ散らしながらたくさん酒を飲み、ぼくは彼を「ピエール」と名付け、彼はぼくを「ビルマ」と名付けた。ぼくが坊主頭だったからだ。

お互いのその安直さがうれしくて、ぼくらは意味もなくお互いの名前を連呼してはゲラゲラ笑った。夜が更けていった。
c0226955_1401361.jpg

DATA:Contax Ⅱ Sonnar 5c.m./1.5 Kodak Tri-X 400 f2.5 1/50
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2016-03-08 02:23 | PROPOS | Comments(2)

すばらしい日々

その曲がカーステレオから流れてきたとき、ぼくはてっきり昔のU2の曲だと思った。そのことをドライバーシートのシンジに告げると、

「ちがうよたくちゃん。これ新曲」

と言われた。

そのとき西暦はちょうど二千年で、ぼくらは26か27で、地元の交通量の少ない夜の県道を、シンジの新しい(以前はワゴンRだったのだ)、ユーノスロードスターをフルオープンにしながらすっとばしているところだった。

「へえ。なんか昔のU2みたいだな。うれしいな」

八十年代に、数々のプロテストソングを歌った彼らは、冷戦終了や、アパルトヘイトの廃止などで、一時的に目的を失い、デジタルを大胆に取り入れたアルバムを制作したりしていた。まるで「模索中」という看板がかかっているみたいに。

それが、今回の曲はまるで昔の曲みたいだった。でも、内容は血の日曜日やマーチン・ルーサー・キングのことじゃなかった。彼らはただ、「すばらしい日だ」と言っていた。

県道はまっすぐ続いていて、夜風は気持ちよかった。

それですっかりうれしくなったぼくらは、ロードスターの立てる風切り音に負けないように、大声でその歌を歌った。


シンジが行方知れずになったのは、それからしばらくしてからだった。ぼくらは26か27だった。
c0226955_17383717.jpg

DATA Contax Ⅱ Sonnar 5c.m./1.5 Kodak Tri-X 400 f8 1/1250
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2015-08-12 18:10 | PROPOS | Comments(0)

あのころ

(略)あのころ、わたしは世界というものを書物を通してしか知らなかったし、世界は詩人たちがえがいた通りのものだと信じ込んでいた。


― ワシントン・アーヴィング 著 吉田甲子太郎 訳 「クリスマス」より ―
c0226955_15392614.jpg

DATA:Contax Ⅱ Sonnar 5c.m./1.5 Kodak Tri-X 400 f8 1/1250
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2015-06-28 16:16 | WORDS | Comments(0)

カメ子の部屋

きのう友人がうちに遊びに来たんですけど、彼が持参したカメラとぼくのカメラを並べて置いたら、なんだか『徹子の部屋』みたく思えてきたので、ちょっと悪ノリしてみました。


ほら、会話が聞こえてきませんか?


ではでは。
c0226955_14222487.jpg


DATA:Pentax K100D SMC PENTAX-A MACRO 50/2.8 ISO 400 f2.8 1/200
[PR]
by solalyn | 2009-12-10 14:22 | CAMERAS | Comments(4)