<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

黄金時代

あと十回。

あと十回リフティングが続けられたら、俺はあいつに告白するんだ。
c0226955_2358773.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kentmere 400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2014-04-26 00:03 | PROPOS | Comments(0)

巡る。

この写真を撮ったのが、ほんの二ヶ月前だなんて信じられないです。

親友が自裁してからも、まる二年。

時間てやつは、どうもぼくらが子供の頃にはやった、あのなつかしい、『スライム』のようですね。

The times they're a-changin'.
c0226955_18123298.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kentmere 400 f5.6 1/125
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2014-04-21 18:20 | PROPOS | Comments(0)

トーン

誰かに話を聞いてそれを文章にする時にいちばん大事なことは、その話のトーンを再現することである。そのトーンさえつかめていれば、その話は本当の話になる。事実はいくぶん違っているかもしれないが、本当の話になる。事実の違いがその本当さを高めることさえある。逆に世の中には、事実は全部あっていても全然本当じゃない話もある。そういう話はだいたい退屈であり、ある場合には危険でもある。


― 村上春樹 『TVピープル』 所収 「我らの時代のフォークロア―高度資本主義前史」 より ―
c0226955_23221420.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak TX400 f2 1/15
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2014-04-18 23:48 | WORDS | Comments(2)

Burn out

情報が咀嚼に先行し、感覚が認識に先行し、批評が創造に先行している。(中略)これはまったくのところ文化的焼き畑農業である。みんなで寄ってたかってひとつの畑を焼き尽くすと次の畑に行く。あとにはしばらくは草も生えない。本来なら豊かで自然な創造的才能を持っているはずの創作者が、時間をかけてゆっくりと自分の創作システムの足元を掘り下げていかなくてはならないはずの人間が、焼かれずに生き残るということだけを念頭に置いて、あるいはただ単に傍目によく映ることだけを考えて活動し生きていかなくてはならない。これを文化的消耗と言わずしていったい何と言えばいいのか。


― 村上春樹 『やがて哀しき外国語』 所収 「大学村スノビズムの興亡」 より ―
c0226955_23114840.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak TX400 f8 1/1000
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2014-04-15 23:33 | WORDS | Comments(2)

「怪奇!電球男あらわる」の巻

そうなんです。出たんですようわさのあの男が。

いやそりゃ話には聞いてましたけどね、そんなあなた、『週間○衆』だの、『○日芸能』だののろくでもない記事なんて誰も信じちゃいないじゃないですか。

それなのに。ああそれなのにそれなのに。
c0226955_2012968.jpg

DATA:Wester S2 Wescon 7.5cm/3.5 Fuji PN400N f11 1/300
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2014-04-09 20:07 | PROPOS | Comments(0)