<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

川を渡る

バスに乗るときは、後ろのほうの窓際の席に座るのがすきだ。座って車窓の景色を眺めたり、写真を撮ったりしたいから。家人と所用のために乗りこんだその日も、そうやってカメラを持ってぼんやり車窓を眺めていた。

「ほんとにひどかったわよ」

ぼくの座席のちょうど真後ろあたりから、年配の女性らしい声が聞こえてきた。どうやら二人連れらしかった。聞くとはなしに会話を聞いてしまう。

「そうなのねえ」

「とにかくギャンブルが好きで好きでねえ。娘もまだちいさかったし、ホントによく我慢したと思うわ」

「娘さんがいくつの時に出たんだっけ」

「12のときよ」

「でもねえ。ご主人、死ぬまでずっとあのアパートに住んでたなんてねえ」

「そうなの。あたしも聞いてびっくりしちゃって。あれから30年もねえ」

「帰ってくるのを待ってたのかもしれないわよ。引っ越しちゃうと、ほら、わからなくなっちゃうから」

しばらく沈黙があった。バスは浅草を越えて、大川を渡るところだ。ぼくは水面になにか-たとえばネッシーやらクッシーやらタマちゃんやら-を見つけたように目を凝らすフリをしていた。そうこうするうちに、もうすぐ開業する巨大な塔が見えてきた。昔TVで見た、有名人の豪華ホテルでの結婚式に出てくるケーキみたいな塔。

「そういえばね、こないだ夢に出てきたのよあの人」

だしぬけにまた声が聞こえた。

「あたし、あのアパートに帰ってるの。あの人もいるの。でもね、部屋がね、うんと広いのよ。そりゃあもうびっくりするくらいに。それであの人、笑ってるの。ねえ、おかしいでしょう」
c0226955_1434943.jpg

DATA:Leitz minolta M-Rokkor QF 40/2 f8 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2012-03-28 02:26 | PROPOS | Comments(4)

ヴォイス

「良くも悪くも、僕は本能的な作家なんだ(略)僕はプログラムをこしらえたり、あるいはこれこれしかじかのテーマに適した話をみつけてくるというような作家じゃない。僕には幾つかのオブセッションがあって、僕はそいつに『ヴォイス』を与えようとしているんだ。たとえば男と女の関係、どうして僕らは往々にして自分たちがいちばん価値を置いているものを手放す羽目になるのかということ。自分たちの中にある力や資質をうまく扱えないこと。僕はまた生きのびるということにも関心がある。どん底にまで落ちたときに、人はどのようにすれば浮かび上がれるものかということにね」

-ウィリアム・L・スタル「『カーヴァーズ・ダズン』のための序文」より "Carver's Dozen"所収-
c0226955_1265348.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak BW400CN f8 1/125
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2012-03-15 01:43 | WORDS | Comments(2)