<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「時間」

ところで時計職人というのは、とても正しい職業だ。


歯車の大きいのや小さいのや、ゼンマイやリューズや、

その他ぼくになんか到底分からないような部品を生真面目に扱い、

右目に例の凸レンズを嵌めて、コツコツチクタク時計を直す。

もしこの世から小説家や画家がいなくなっても、誰も全然困らないけど、

仮に時計職人がいなくなったら、この世はたいへん困る。

立派で、正しい職業だ。


時間というものの正体は、今のところ物理学者にも解明できていないけど、

唯一時計職人だけは、それを知っているような気がする。

だから彼らは、あんなに熱心に時計を直してくれるんじゃないかな。


ついでにぼくの過ぎ去った時間についても繕ってくれれば、

なおありがたいのだけれど。


―「時間」 (原田宗典 『黄色いドゥカと彼女の手』 所収)―
c0226955_23383119.jpg


Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak BW400CN f2.8 1/60
[PR]
by solalyn | 2010-07-22 23:42 | WORDS | Comments(3)

シンジへ

あれは俺が学校を卒業して二年目だったよな。


実家のそばのちいさな喫茶店に一人でふらっと入ったら、おまえがいたんだ。

中学卒業以来だったから盛り上がってさ。

俺は役者を目指してたし、おまえはいかしたバンドのベースマンだったよな。それから喫茶店の営業が終わった後、おまえと俺の彼女と三人で、ダベったりしたよな。

おまえはおぼえてるかな。おまえのベースでおれがSTAND BY MEなんか歌ってさ。彼女はカウンターのスツールで足をぶらぶらさせて俺らを見てたよな。

あのあと若かった俺たちはいろいろあって別れ別れになったよな。


俺さ、あの頃おまえがよく聴かせてくれたミッシェル、十数年ぶりに聞いたんだ。やっとちゃんと聞いたんだ。

俺さ、まだロック好きだったんだよ。忘れてただけだったんだよ。


おまえは笑うんだろうなあ。でも、どうしても言いたくってさ。

じゃあな。またな。


-THEE MICHELLE GUN ELEPHANT "Electric circus"を聞きながら-

c0226955_2232047.jpg


DATA:Leica M6 Summicron50/2 Kodak BW400CN f8 1/1000
[PR]
by solalyn | 2010-07-07 02:25 | PROPOS | Comments(4)

射手の貌

(略)どれもこれも、鉄砲を撃つ以外に芸のないといった男たちで、共通しているところは、どの顔もするどくはない。にぶい。これは訓練によってできた顔である。鉄砲の訓練とはそういうものだ。

神経のいらだった者や、過敏なたちの者には、とても命中の精妙は期しがたい。


鉄砲は引鉄を、

ひそ

と落とす。指でしぼるように。


その間、呼吸もとまっている。呼吸どころか、神経も、天地万物の影響をいささかでもうけてはならない。

無の境地で撃つ、という。わずかでも心が翳れば指に伝わり、引鉄をしぼってゆく指が平静をうしない、筒口が、微妙に動いてしまう。

この当時、根来面とか雑賀面とかいわれて、鉄砲の妙手には共通した表情があった、とされている。


―司馬遼太郎 『尻啖え孫市』より―


c0226955_392410.jpg


DATA:Leica M6 Canon50/1.2 Kodak BW400CN f1.2 1/125
[PR]
by solalyn | 2010-07-04 03:11 | WORDS | Comments(5)