<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

子供の破壊に関する簡潔な報告

先日、小学校の卒業式の撮影に同行した。同行というだけで、要は見学だからまあ、ぼんやりと眺めていた。そこで、不思議な光景を見た。

卒業証書を授与されるために、司会の教頭先生に呼ばれて子供たちが一人ずつ壇上に上る。そこで一人ずつが抱負を述べていく。

「将来はみんなの役に立つ医者になりたい」

「将来はみん(中略)プロサッカー選手になりたい」

云々、云々・・・。

それを聞いて区長だという男があいさつで

「感動した。夢はあきらめなければかならず叶います」

などと言っていた。

では、夢をあきらめたひとはどう生きていけばよいのか。夢がないことはだめなことなのか。

そのことについて彼はなにも語らなかった。当り前か。


子供たちはきっと何度も何度も練習させられたんだろう。大声(一人も小声の子がいなかった!)で、台本通りのセリフを暗唱させられていた。みんなちっともしあわせそうにみえなかった。


ぼくは、式の前に校舎の階段ですれ違ってあいさつしてくれた子たちは、あいさつの仕方も、表情もみなちがっていたことを思い出していた。


「人類の庭師が、人間の(世界をうつくしく調和させてくれる)庭師がいない。そのために幾万の(未来の)モーツァルトが虐殺される。」 -『人間の土地』 Antoine de Saint-Exupéry- (カッコ内は筆者補足)

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak BW400CN f8 1/125
c0226955_22563975.jpg

[PR]
by solalyn | 2010-03-29 22:22 | PROPOS | Comments(2)

明治三十一年のスナップシューター

(略)子規の天地は六畳の間と、それに南接する小庭でしかない。

庭といっても、たかが借家の小庭である。人間の背たけ以上の樹といえば、垣のうちがわに椎があって、垣の外側におなじく椎と槻があるにすぎない。

「さびしげな庭ですなあ」

と、たまにいう人がある。これで歌や俳句がつくれるのかという気持ちを言外にこめていうひともあるが、子規の写生理論からゆけば、べつに名所旧蹟や、奇岩怪石の海岸に立たなくても歌も俳句もできる。

「古今や新古今の作者たちならこの庭では閉口するだろうが、あしはこの小庭を写生することによって天地を見ることができるのじゃ」


-司馬遼太郎「坂の上の雲」より-
c0226955_23315630.jpg


DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak BW400CN f8 1/250
[PR]
by solalyn | 2010-03-18 23:34 | WORDS | Comments(6)

もう一人のバディ

こんにちは。お元気ですか?ぼくはまあまあです。

さて、本日はぼくの二人(二台?)目の相棒を紹介します。ライツミノルタCLといいます。ぼくと同い年です。

ちいさくって、軽くって、ファインダーが本当に見やすくて。素晴らしいカメラです。仕事でM6持ってくのが億劫なときなど、首からちょろっと提げていけますし、邪魔になったらウエストポーチに突っ込んじゃえますし、ホントすばらしいです。

拳銃に例えるならワルサーPPK/Sあたりでしょうか。

ストラップと貼り革は例によって友人の工房http://aki-asahi.com/のスペシャルです。えへへ。


…今回は親バカが過ぎましたね。反省します。ではでは。

DATA:Pentax K100D P-A Macro 50/2.8 f2.8 AE ISO400
c0226955_16164546.jpg

[PR]
by solalyn | 2010-03-17 16:12 | CAMERAS | Comments(0)

「オーエス!」の謎

以前の職場での話。

いつものように同僚の女子(ちなみに彼女のあだ名は『恋話刑事(コイバナデカ)』)と無駄口をたたいているときに、ふと思いついて聞いてみました。

「ねーねー、運動会の綱引きでさ、かけ声するときに「オーエス、オーエス!」っていうけど、あれホントはなんて言ってるのかねえ」

恋話刑事(コイバナデカ)は、ぼくの目をまっすぐ見返しながらこう言いました。

「あれはきっとー"Oh,yes! Oh,yes!"ですよ」


・・・そ、そうかなあ。


ではでは。
c0226955_1243835.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak BW400CN f8 1/500
[PR]
by solalyn | 2010-03-13 01:26 | PROPOS | Comments(0)

センセイへの手紙

前略 桑原先生

先生。ご存命のうちに、一度お話ししてみたかったです。叶わなかった先生との対話を、僕は今日もライカを通して試みています。


「シャッターを押して写つたと云ふスナツプでなしに、被写体と一秒一刻を共に呼吸し乍ら、正に意気の合致した火花の散るとき、シヤツターを切る、と云つた様な、口や筆では現はせない様な所が頗る大切な美だと思うのです」  -桑原甲子雄-


そちらでもスナップ撮影をされているのでしょうか。いつか拝見したいです。

ではまたお便りします。 草々

c0226955_18576.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak BW00CN f8 1/1000
[PR]
by solalyn | 2010-03-06 01:10 | PROPOS | Comments(4)