<   2009年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

すくい とる

言葉にならない

ことどもを

そっと

すばやく

手の中の機械ですくいとる

私は金魚すくいだ

c0226955_20417100.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak BW400CN f2.8 1/60
[PR]
by solalyn | 2009-11-29 20:41 | PROPOS | Comments(0)

ジダイオクレ

こんばんは。みなさんお元気でしょうか。ぼくはまあまあです。

さて、世はデヂタル時代だそうで、どこへ行ってもデヂタル。犬も歩けばデヂタルに当たる。そんな感じで氾濫してます。

ぼくの愛する写真もデヂタルデヂタルの大合唱で、いささか食傷気味です。

いや、いいんです。みんなが便利なら。喜ぶなら。デヂタルのがいい写真が撮れて、しあわせになれるなら。

でも、ぼくはデヂタルだけじゃあ、しあわせになれません。

デヂタル『が』イヤなんじゃあありません。仕事では使ってます。便利です。

ただね

デヂタル『だけになるのが』イヤなんです。なんかこう、押しつけられてる感が濃厚で。大政翼賛会的で。ファッショ的で。


ま、ぐだぐだ言わずに撮り続けますよ。

「イケバワカルサ」

ではでは(^o^)/
c0226955_2149122.jpg


DATA:Leica M6 Canon 50/1.4 Kodak KL f4 1/60
[PR]
by solalyn | 2009-11-26 21:53 | PROPOS | Comments(2)

タカマガハラ

今夜は名古屋の友人の話を。


友人に誘われての伊勢旅行からの帰路にて。見たこともない雲の峰を見た。

「たくちゃんにこういうのをみせたかったんだよ」

二人でこりゃあなんだか縁起がいいや、と笑いあった。


その日のお昼に伊勢神宮で、ぼくにしてはめずらしく賽銭を投げてお祈りをした。ぼくにしてはめずらしく友人のために祈った。こころから祈った。


友人に誘われての伊勢旅行からの帰路にて。見たこともない雲の峰を見た。

「たくちゃんにこういうのをみせたかったんだよ」

二人でこりゃあなんだか縁起がいいや、と笑いあった。


電気グルーブの『虹』が流れている。ぼくは助手席で涙を流している。

c0226955_23182324.jpg


DATA:Pentaconsix TL Biometar 80/2.8 Fuji PN400N f8 1/1000
[PR]
by solalyn | 2009-11-23 23:18 | PROPOS | Comments(2)

ともだち

高校の頃に、「水くせえんだよお前は。友達だろうがよ」と言ってくれた。あれから19年かぁ。

c0226955_23422052.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak BW400CN f2.8 1/60
[PR]
by solalyn | 2009-11-22 23:42 | PROPOS | Comments(2)

カルティエさんからの手紙

科学技術が鳴らす警笛の破壊的な音につつまれ、

グローバリゼーションという新たな奴隷制度と貪欲な権力争いに侵略され、

収益優先の重圧の下に崩壊する世界であっても、

友情と愛情は存在する。


―Henri Cartier-Bresson―

c0226955_231862.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak BW400CN f2.8 1/60
[PR]
by solalyn | 2009-11-19 23:20 | WORDS | Comments(2)

現(うつつ)十夜

こんな現を見た。

仕事帰りの地下鉄で、私の座席に隣り合わせた少女がなにやら一心不乱にノートに絵を描いていた。少し浮世離れした雰囲気の少女だったので、好奇心からノートを一瞥した所、二枚の絵というか、素描が描かれていた。

一枚目は、長い手が涙を掴もうとしているような絵だった。
二枚目は、その涙のような、雨滴のようなものが降っているだけだった。
彼女は、ページをめくって三枚目にとりかかろうとしていた。私は続きを見たいと思いながら、ついうとうとと眠り込んでしまった。

私が起きたのは、降りる寸前だった。少女はまだ描き続けていた。私はまたさりげなく覗き込んだ。
三枚目は死神の絵だった。雨滴と思えたものは、死神の目と鼻になっていた。死神は、悲しいような、困ったような表情に見えた。

私は降りる前に乗降口から彼女を見た。彼女も私を見ていた。不思議な表情をしていた。



c0226955_2232928.jpg


DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak BW400CN f2 1/30
[PR]
by solalyn | 2009-11-18 22:32 | PROPOS | Comments(0)

モノクローム讃歌

一枚の紙切れから、忘れかけていた風景が現れる。


忘れかけていた匂い

忘れかけていたぬくもり

風のそよぎ

嬌声

あなたの声。


モノクロ写真って素晴らしいなあと、心から思う。

c0226955_1572390.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak BW400CN f2 1/15
[PR]
by solalyn | 2009-11-17 01:59 | PROPOS | Comments(0)

きらきらの汁の話

息子とお風呂に入っていた時の話。

彼はさっき飲み干したC1000タケダの小瓶を風呂桶に入れると、そこにペットボトルで湯船から汲んだお湯をざぶざぶかけ始めた。

「何してるの」

「今ねー、ダイヤモンド作ってるの」

「そっかぁ。でもそれはガラスじゃないの」

「そうだよ。でも今からきらきらの汁をかけて、ダイヤモンドにするんだよ」

そう言うと彼は、また風呂桶にざぶざぶお湯をかけ始めた。

お湯は、きらきら輝いていた。

c0226955_2132695.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak BW400CN f2.8 1/60
[PR]
by solalyn | 2009-11-13 21:32 | PROPOS | Comments(0)

そこへうさぎが

生まれて初めてうさぎを飼い始めたときは名古屋で最初の結婚をしたばかりの頃だった。

離婚して、四年ぶりの面会。生まれたてだった赤ちゃんうさぎは、七歳のおばあちゃんうさぎになっていた。動きが、ゆっくりになっていた。

この写真を撮って一ヵ月後に、元の妻から彼女が死んだと泣きながら電話がかかってきた。なんと答えたのか、はっきりとは覚えていない。「きっとしあわせだったと思うよ」とか、そういったたぐいのことをいった気がする。


あの電話から三年。今の僕は東京で、あの頃の写真を見かえしている。写真の中の彼女はあいかわらず公園をゆっくり跳ねまわっている。あいかわらず午後の陽が射している。

c0226955_221036100.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak BW400CN f8 1/250
[PR]
by solalyn | 2009-11-12 22:10 | PROPOS | Comments(2)

きらきら

「じゃあ、向き合ってみて」

照れて笑いながらも、そうしてくれた。

「じゃあ、記念にね」

笑いあっている幸福な光景を残すために、僕も笑いながら、でも真剣にシャッターを切る。

c0226955_23334320.jpg


DATA:Leica M6 Summicron 50/2 Kodak BW400CN
[PR]
by solalyn | 2009-11-11 23:34 | PROPOS | Comments(0)