<< 写真展「ひととひかり」を開催します。 ぜんぶ >>

夢十夜

 こんな夢を見た。

夜。火事である。私の実家らしき家が燃えている。運び出されるひとびと。私はその中に父の姿を見つける。私が彼に近づくと、彼も私に気が付き、歩み寄ってくる。呆然とした表情で。そして私に告げる。デルフォイの巫女たちのように。

「拓、おかあさんが」

私はその一言ですべてを悟る。私はなおも呆然としている父の背中をさすりながら何事か慰めの言葉をかける。


私は実家の居間にいる。台所から出てきた母が私を見てほほ笑む。だが、私はもう知っている。ほんとうは何が起こったのかを。
c0226955_00591057.jpg

DATA:Leitz minolta CL M-Rokkor QF 40/2 Kodak Tri-X 400 f8 1/500
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]
by solalyn | 2017-06-07 01:17 | PROPOS | Comments(0)
<< 写真展「ひととひかり」を開催します。 ぜんぶ >>